公益社団法人 日本技術士会 登録

企業内技術士交流会


東日本大震災により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復興することを心よりお祈り申し上げます。

 企業内技術士交流会は、日ごろ企業に所属し活動する技術士に交流の場を提供し、技術士が企業、さらには業種の壁を超えて、自らの技術力を磨き、また新しいビジネスチャンスを生み出し、育てて、社会への貢献と企業の発展に寄与していくことをめざしております。

 2017年3月末現在、会員数101名(正会員84名(社)、準会員5名、特別会員12名)が登録されています。


イベント情報

企業内技術士シンポジウム2017のご案内

案内文(PDF版)

参加申込みは、こちらから 

(先着300名、申込み締切105日)

平成299月吉日

企業内技術士シンポジウム2017

 

公益社団法人 日本技術士会登録

企業内技術士交流会 会長 柴垣 琢郎

                      

テーマ 「AIは地球を救う!?

AI(人工知能)でくらしやビジネスがどう変わるか〜 」

 

企業内技術士交流会の恒例行事であります「企業内技術士シンポジウム」を、上記テーマで開催いたします。

最近「人工知能(Artificial Intelligence; AI)」「ディープラーニング」といった言葉をよく聞きます。これまで人間にしかできなかったことが次々とコンピューターによって実現可能になりつつあります。今年は、囲碁や将棋のトッププロがコンピューターソフトに敗れるというニュースもありました。今後この革新的技術がさまざまなところに入り込み、私たちのくらしやビジネスが大きく変わると言われています。私たち技術士もこれに着目しないわけにはいきません。一方で、一部のIT関連の専門技術者以外の多くの技術者は、まだ人工知能の本質的な部分を意外によく理解していないのではないのでしょうか。

今年のシンポジウムでは、導入としてAIとは何かを正しく理解した後、AIの進歩によって生じるくらしやビジネスの将来の姿をイメージし、現在の企業の取り組み事例を学びたいと思います。そして、AIの現実と可能性を理解した上で、これを将来に向けて自社のビジネスにどのように活用していくのか、経営のありようはどのように変わっていくのか、などを考えてみたいと思います。

なお、ご講演いただく先生方や日ごろ接する機会の少ない異業種の方々との交流の場として、懇親会も併せて開催しますので、ふるってご参加ください。

 

日 時:平成291013日(金) 

13:3017:30(シンポジウム)、17:4519:30(懇親会)

場 所:芝浦工業大学 豊洲キャンパス(東京都江東区豊洲3-7-5

 シンポジウム:交流棟6階 大講義室、懇親会:交流棟3階 カフェテリア

  

講演(T) 「人工知能の現状認識と社会への影響」

国立情報学研究所 教授/総合大学院大学 教授/東京工業大学 特定教授/一般社団法人 人工知能学会 会長

山田 誠二 氏

講演(U) 「AIが創る新たなビジネスへの期待」

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 理事/情報・人間工学領域 領域長

関口 智嗣 氏

講演(V) 「企業におけるAIに対する取り組み事例」

富士通株式会社 AIサービス事業本部 チーフストラテジスト/

株式会社富士通研究所 人工知能研究所 特任研究員

丸山 文宏 氏

 

定 員   約300

どなたでも参加できます(技術士資格を保有していない方や学生の方も歓迎)

会 費       @ シンポジウム参加費:一般 2,000円、学生 500

                A 懇親会参加費   :一般、学生とも 3,000

 

申し込み時の注意事項

Ø 懇親会の参加・不参加は忘れずにご記入(チェック)して下さい。

Ø 参加費は当日会場でお支払いください。

Ø 申し込み後、シンポジウム3日前までに連絡なく欠席された方には、後日参加費を請求させて頂きます。キャンセルの場合は必ず上記の申し込み用ホームページから再度連絡をお願いします。

Ø ホームページによる申し込みが不可能な場合は、企業名、部署、氏名、連絡先(電話番号)を記入の上、FAXにて以下まで連絡をお願いします。

-以上−

 


<企業内技術士交流会の紹介>

入会案内パンフレット(2014年版)

企業内技術士交流会 メーリングリスト登録のお願い(会員のみ)
会員企業に所属されている方はメーリングリスト登録に御協力ください。
行事案内・お知らせ等を直接お届けします。

 

企業内技術士交流会の行事はCPDに加算できます