会員企業へのリンク集

企 業 名 企 業 紹 介
アイレック技建株式会社 当社は、「地球にやさしいNO-DIG総合エンジニアリング企業」として、「掘らない、壊さない、環境にやさしく」をコンセプトに、社会資本整備の一翼を担うとともに、地球環境保護にも貢献しています。主な技術として、小口径管路を非開削で長距離・曲線推進を可能とする「エースモール」、地中レーダーにより地下埋設物や路面下空洞を精度よく探査する「エスパー」等があります。
株式会社朝日工業社 (特色) 創業1925年4月3日(創立92年) 空調・衛生工事の専業大手、メーカー機能持つハイテク環境制御装置に強み。 (技術紹介) 【設備工事業】・空調機搬送動力省エネシステム ・熱源最適運転制御システム ・光触媒脱臭装置 ・オイルミストコレクタ ・フィルター自動リーク検査装置  ・閉鎖型植物環境装置 ・人工光型育苗装置 【機器製造販売事業】 ・液晶露光装置用エンバイロメンタルチャンバ ・半導体露光装置用エンバイロメンタルチャンバ ・高効率顕熱空調機 ・実験動物飼育空調システム ・組立式クリーンブース ・ポンプ搬送動力省エネシステム
アジア航測株式会社 当社は、多様な空間情報を扱う「空間情報コンサルタント」として、測量を中心とした各種の技術を通じて社会への貢献に勤めています。測量業界では唯一「総合研究所」をもち、デジタル計測、三次元解析、システム開発、リモートセンシングなどで技術展開に努めています。当社はもともとは戦後荒廃した国土を復興するための地図作成会社としてスタートしましたが、今日では自社の保有する航空機からの撮影に加え、衛星画像、ドローンなどからの情報ソースを活用して空中写真撮影、レーザ撮影等にもとづく空間解析を行い、おもにGISデータ化されたアウトプットをもとに防災、環境、都市、森林といった多様な場、調査、計画、設計といった事業フェーズに応じて、顧客の利益に応えるコンサルティングやシステム開発を展開しています。わかりやすい地図表現としておなじみの「赤色立体地図」のような技術もこのようなコンサルティングの中から誕生しました。また、当社は測量業界の代表として環境省の「エコファースト企業」として認定を受けており、環境優先を旗じるしとして環境負荷の低減、地域活動等への参加に努めています。また、東日本大震災に際して、東北沿岸の被災地の自主撮影を継続するなど、自社の優位技術を活用してさまざまな形で社会への還元に努めています。
株式会社安藤・間 建設業界を取り巻く厳しい経営環境の中、安藤建設とハザマは、両社の持続的成長に向けて、2013年4月1日に合併し、「安藤ハザマ」として新たにスタートしました。経営統合による事業規模の拡大と経営の効率化に加え、建築に強みを持つ安藤建設と土木に定評のあるハザマが、これまで築き上げてきた実績をもとに補完性を活かし、技術力・営業力・コスト競争力でシナジーを発揮することで、より強固な経営基盤の構築と一層の発展、成長を図れるものと考えております。私たち「安藤ハザマ」が目指す姿は、ステークホルダーの皆様にとって「良い会社」となることです。確かな技術と情熱で皆様の期待に応え、ものづくりを通して社会の発展に貢献していきます。さらに、現状には満足せず、つねに新たな価値の創造に挑戦し続け、持続的に企業価値を高めることで、豊かな未来の実現を目指していきます。
アンリツネットワークス株式会社 アンリツ創業以来培ってきた伝送交換装置,無線通信装置,端末装置の開発製造技術を継承し,さらに最先端のIPネットワーク通信技術を加えて,情報通信事業を発展させております。キーワードは「つなぐ」であり,大きく2つのソリューションをご提供しています。「上手(smart)につなぐ」最先端のネットワークにおいて,帯域仔魚装置等のネットワークアプライアンスにより,お客様のネットワーク資源の最適化を実現します。「器用(Skillful)につなぐ」レガシーネットワークさえも,最先端ネットワークにつないでしまう技術によって,お客様のネットワーク資源の価値を守ります。
ES東芝エンジニアリング株式会社 エネルギーシステムのエンジニアリング業務を担う当社は、エネルギー事業をリードしてきた東芝グループの中にあって、原子力、火力、水力などのエネルギーのベストミックスの推進に協力してきました。電気を安全に起こし、供給する、発電・変電プラントの計画設計から保守サービスまで、次世代のエネルギーシステムを構築する技術者集団です。 
株式会社エイト日本技術開発 ◆高度化する技術をベースに、真に価値あるインフラ・ソリューションを創り出す◆高付加価値提供型のビジネスモデルへ 当社を取り巻く事業環境は、震災復興、インフラ長寿命化対応の義務化、国土強靭化基本法の成立、改正品確法の成立、東京オリンピック開催など国内においては、2020年頃までは公共事業予算の安定的な執行が想定されますが、需要の「質」の変化、新たな成長分野の誕生が予想されるとともに、企業間競争は引き続き厳しい状況が続くものと予想され、中長期的には新たな対応が求め られます。こうした中、当社は3つのコア・コンピタンス(環境、防災・保全、行政支援)をさらに強化し、5つの重点分野(環境・エネルギー、自然災害リスク、インフラマネジメント、都市・地域再生、情報・通信)を中心に高付加価値提供型のビジネスモデルを構築し、持続的な成長を目指しています。加速度的に変化する社会、暮らし、産業構造、グローバル化の中で益々多様化するニーズ。当社は、このような中で、建設コンサルタントとしての使命を胸に刻み、10年、20年、そして100年先を見据えて汗と英知をもって「価値ある環境を未来」に繋げていきます。
株式会社エクシオテック 情報通信エンジニアリング企業 ・アクセス・ネットワークエンジニアリング・・・光ケーブル工事、CATV関連設備工事、ユーザ設備工事、IPネットワーク設備工事、電力設備 ・モバイルエンジニアリング・・・移動体通信基地局工事、伝送設備工事他 ・土木エンジニアリング・・・情報通信地下管路・マンホール設備工事、電線共同溝工事、地下埋設物探査業務他 ・ITソリューション・・・LAN・WANネットワーク構築、音声システム構築、各種監視システム、各種ソフトウェア開発・運用他 ・エコソリューション・・・太陽光発電、蓄電池システム、LED照明他
日本電気株式会社(NECグループ) NECグループ企業理念 NECはC&Cをとおして、世界の人々が相互に理解を深め、人間性を十分に発揮する豊かな社会の実現に貢献します
NTTアドバンステクノロジ株式会社 NTT研究所を中心としたNTTグループで開発された先端技術をビジネスに活かしてゆくことを使命としており、情報通信分野の専門家集団として各種の技術ビジネスを展開している。
NTTインフラネット株式会社 NTTが保有する地下インフラ設備に関する業務を一元的に実施するとともに、一般市場における社会インフラの充実・高度化を通じ、社会への貢献を推進する目的で1999年に設立しました。 当社は47都道府県全てに拠点を設け、NTTが全国に保有する情報通信インフラの維持・運用とともに、電線類の地中化事業や他のライフライン企業様との共同施工を通じ、安全で快適な通行空間の確保・路上工事の縮減等、”より住みやすい地域環境づくり”に貢献してきました。 NTTグループの「通信サービス」を守るとともに、 1.電線類地中化における事前調整・設計・施工・施工監理、並びに構築後の設備維持管理サービス 2.MMS、三次元カメラ等のICTを活用した設備データーベース整備及び維持管理サービス 3.ライフライン(社会)インフラを経済的に構築できるルートコンサルティングと伝送路構築サービス など情報通信インフラをマネジメントすることで培った技術・経験を社会インフラ分野にも活かし、地域社会に貢献する役割を果します。
NTT関係技術士の会 NTTグループ各社、及び、NTTグループに関係の深い電気通信建設関係会社等の社員、OBを会員とする団体で、主に以下の活動を行っている。 ・情報共有・提供会員サービス(メーリングリスト、ホームページ、DNS) ・見学会、講演会、勉強会、合格者発表会 ・メーリングリストによる二次試験受験者の相互学習の支援 ・国際活動(海外動向調査と調査結果の会員への提供、海外業務関連の知識・ノウハウの会員への提供等) ・諸団体との交流(企業内技術士交流会、NTTアドバンステクノロジ社主催の説明会協賛、大学技術士会等) なお、個人会員の会費は無料である。
応用地質株式会社 当社は設立以来の地質学と土木工学の融合した「地質工学の創造」の実現を企業理念として掲げ、活動している。 理念に基づき、各種の地盤や土質の試験・調査機器を独自に開発、地盤に関する評価や、遭遇するトラブルに対し、データに基づいた解決方法の提案などを行っている。困難な問題に遭遇しても、解決を第一義に考える技術者が集まる集団である。 
株式会社オリエンタルコンサルタンツ 昭和32年の創立以来、高度化・多様化する社会のニーズに応じた知的サービスを提供し、多様な市場においてグローバルなコンサルタント・ビジネスを展開している。 平成18年12月には、創立50年という大きな節目を迎え、さらに平成20年9月期には新たな経営計画である「I-Plan~魅力ある企業へ~」を策定した。 「豊かさの実感と共感」を使命(ミッション)に掲げ、社会環境全般に関わる総合的な知的サービスを提供する企業としての社会的責任を自覚し、業界のリーディングカンパニーとして世界の人々の安全で豊かな暮らしの実現に向け、グローバルに事業活動をしている。
オリエンタル白石株式会社 橋梁上下部工(PC建築)、ニューマチックケーソン、補修・補強(各種工法)、PC建築の主とする総合建設会社です。
鹿島建設株式会社 1840年の創業、東京に本社を置き、12の国内支店と2,000ヶ所余におよぶ事業所で約8,000人の社員が活動(グループ全体では約15,000人)。日本のみならずアジア、ヨーロッパ、米国など20ヶ国以上の国々でも、さまざまな建築、土木、そして開発プロジェクトを手掛ける世界的な総合建設会社です。
鹿島道路株式会社 1958年の創業以来,舗装工事をコアビジネスとして,道路・橋梁・空港・ダム・建築など,さまざまな建設を通して,社会インフラ整備を担っている鹿島グループの中核をなす建設会社です。
川崎重工業株式会社 先端技術をもって、陸・海・空にわたる新しい価値を創造し、社会の発展に貢献するという理念の下、技術やブランドで差別化された、優れた製品・サービスを提供し、グローバルに事業展開を行う。
川崎地質株式会社 当社は、海洋調査部門を有し、陸域から海域までの広い業務フィールドを有している。特に、陸域での連続波レーダー探査による埋設物・空洞検出技術や多層多孔電気伝導度計測システムによる地下水流動調査、高速サウンディングによる高速な地場調査などの他、海域におけるマルチチャンネル音波探査・水上3次元音響測深等の高度な調査解析技術により信頼性の高い情報提供を行っている。また、自然災害に対する防災対策や地下水汚染対策などの分野にも幅広く取り組んでいる。
株式会社関電工 私たちは今日まで産業、経済の発展により、数多くの恩恵を享受してきましたが、その一方で、地球温暖化、環境汚染、生態系の破壊など、地球環境に多大な負の影響をもたらしました。生存の基盤である自然環境との共生は、健全な社会の存立にとって不可欠であるとともに、企業活動においても常に心掛けなければならないテーマであると考えます。 私たちは、長期的な視野に立ち、持続可能な社会の創造に向けた環境ビジョンを持つことが、企業経営にとって重要な社会的責任であると考えています。今後とも、将来に向かって健全で安全な地球環境を残すため、環境負荷低減に資する事業活動に取り組んで参ります。
株式会社カンドー  東京ガス株式会社の認定工事会社であるニューエスエンジニアリング㈱と㈱ソーセツ2社が2002年に合併して㈱カンドーが発足し、NTTの特殊専門工程認定会社であり物品販売も手掛けている㈱ハッコーが翌年に合流して、現在に至っている。また、2017年7月に日本コムシス株式会社の100%子会社になった。  東京ガス関連工事会社とNTT関連点検・診断・補修工事会社、コンクリート2次製品や樹脂の物品販売会社の3つの顔を持っているユニークな会社である。技術開発センターがあり、東京ガスからの受託開発、共同開発を行っているとともに、NTT基盤設備の点検・補修関連の独自開発も行っており、ガス管、通信管に関わる工法特許、実用新案を100件以上保有している。管内面クリーニング、管内面ライニング及び埋設管・マンホール補修工法に関しての多くのノウハウ、実績を有している。
株式会社京三製作所 鉄道信号、道路交通の大手メーカー。長年培った制御技術を駆使した商品開発を展開
株式会社協和エクシオ 「エンジニアリングソリューション」 通信インフラ事業:光ファイバ、CATV、NGN、モバイル等の技術をもとに、日本全国の通信インフラ設備の構築・保守を担う、創立以来のコア事業 電気・土木・環境インフラ事業:オフィスビルやマンション等の電気・空調設備、ケーブル埋設(無電柱化)等の都市土木設備、太陽光発電等の新エネルギー関連設備、水処理・廃棄物処理プラント等の構築・保守 「システムソリューション」 ネットワークインテグレーション:法人または一般家庭向けネットワークシステムの構築からネットワークを利用した各種ソリューションの提供まで、お客様のニーズに合わせて様々なサービスを提供 システムインテグレーション:お客様の経営課題解決に向け、SOA等の最新技術とソリューションを駆使して、最上流のコンサルティングから開発・構築・保守・運用までをトータルに、お客様のさまざまなニーズに合わせたソリューションサービスとして提供
株式会社熊谷組 【企業理念】 「高める、つくる、そして、支える。」  私たちがつくるのは、単なる建物や構造物だけでなく、そこに集う人々とともにつくりあげていくコミュニティーです。人と人が集い、ふれ合いながら安心して心豊かにくらすことのできる場所。それをつくり、支えていくのが私たちの仕事です。使う人の気持ちにこたえる“しあわせ品質”をお届けするために技術力と人間力を掛け合わせて高めた独自の“現場力”をもって全力で取り組みます。そして完成後も、運営、維持管理、修繕、再生まで一貫して携わり、新しい物語が生まれ続けるくらしの舞台を、時代をこえて支え続けていきます。 【経営理念】 建設を核とした事業活動を通して、国内外において自然との調和のとれた人間活動の場を構築し、 優れた総合力を発揮して社会に貢献する企業 集団を目指しております。
ケミカルグラウト株式会社 創業以来技術立社の理念のもと、40有余年にわたって基礎地盤処理技術を専門に追求してまいりました。なかでもジェットグラウドに関する工法では数多くの特許を取得し、世界の建設会社に技術供与しております。
株式会社建設技術研究所 日本最初の建設コンサルタントで、我が国建設コンサルタントのパイオニア。売上高では国内市場でトップクラスを争う総合建設コンサルタント
光通電気設計㈱ 国内海外鉄道・道路等の交通施設の電気通信設備の計画・調査・試験・設計・施工管理に多くの実績を有する。
㈲佐野テクノコンサルタント 技術コンサルタント
株式会社システック・エンジニアリング 日本の架空(そら)をくもの巣のごとく張り巡らされている送電線。電気というエネルギーは、発電所で生まれてからとても長い道のりを経て、皆さんの会社やご家庭に届けられております。当社は「架空送電線工事」という、いわば電気の専用道路を地上100mの世界から現代社会に提供する社会的インフラの供給者です。 現代社会にとって不可欠なライフラインである電気。その重要なインフラの構築・維持を通して社会的貢献に寄与する役割を我々システック・エンジニアリングは担っております。 (東京電力管内の送電線建設、保守) 
学校法人 芝浦工業大学 芝浦工業大学の建学の精神は『社会に学び、社会に貢献する技術者の育成』であり、実学重視の技術者育成教育に根ざしています。実学主義の教育により、実用的な知識と技術を併せ持って技術立国を担う技術者、しかも高い倫理観と豊かな見識を備えた優れた技術者の育成、技術者の地位向上に取り組み、社会の進歩発展に貢献しています。本学では5学科でJABEEコースを開設しています。また技術士資格取得の支援として1次試験、2次試験対策講座を開講しています。  芝浦技術士会は建学の精神を継承し、本学関係者、卒業生の技術士等を組織化することで、「科学技術創造立国」実現の一翼を担う技術者・研究者養成に寄与することを目的に設立されました。所属会員は現在241名で、技術部門は多岐にわたり、中小企業から大企業まで多くの企業に属する会員が所属しています。大学技術士会連絡協議会に設立から参加し、ますます重要性の高まる企業と大学の連携にリーダーシップを発揮、社会に貢献できる技術士会を目指しています。
清水建設株式会社 (経営理念) 地球社会への貢献、人間尊重、革新志向、顧客第一、情熱 (経営戦略) わたしたち、シミズグループは、建設事業を核として、社会と建造物の持続可能性(サステナビリティ)を徹底的に追求し、お客様の期待を超える価値を提供し続ける、『スマートソリューション・カンパニー』を目指します。 ※スマートソリューション・カンパニー:ハードな請負のみにこだわらず、建設事業を核とした周辺の事業領域において、有望ビジネス、有望エリアへの積極的な事業参画・投資・マネジメント等を通じ、あらゆる段階で最大限の付加価値とソリューションを提供する企業(グループ)
須賀工業株式会社 創業1901年。空気と水のエンジニアリングに積極的に取り組み、常に「人に心地よい空間を提供する」ことをテーマに、よりよい環境創造を目指して新しい技術を開発・研究・導入しています。空気調和設備から地域冷暖房、給排水衛生設備、防災設備、電気設備、工場生産設備など、幅広い分野に須賀工業の技術が活きています。
住友電設株式会社 総合設備工事業者として、各種工事の企画提案から設計・施工まで一貫して実施できる。総合技術力をベースに企画、設計、施工、リニューアルまで高品質システムをトータル・インテグレートし、多彩なジャンルの設備・工事を提供できる。住友電設はお客様の様々なニーズにお応えできる技術を提供できる。
株式会社総合車両製作所 1958年に日本で初めてステンレス製車両を製造ました。これまでに約22,000両を納入しており,ステンレス製車両のトップメーカの地位にあります。
大成建設株式会社 「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献することを企業活動の大きな目標としている。建設業界最大手。建築、土木、エンジニアリングの各分野における高い技術力と総合力を有する。 
太平洋セメントグループ 太平洋セメントグループは、国内セメント事業、資源事業、環境事業、海外事業を中核に「環太平洋におけるリーディング・カンパニー」を目指し、グローバルに事業を展開しています。また、大量の廃棄物や副産物の処理・再資源化が可能なセメント工場の特性と、長年培ってきたリサイクル技術を生かし地球環境保全と循環型社会の実現に貢献してまいります。
高砂熱学工業株式会社 「人・空気・未来」「Green Air」高砂熱学工業は、エネルギーを合理的に利用する設備と、それを高次元で運転・制御する理想の空調システムの実現に向けて、独自のテクノロジーを駆使し、総合的なシステム・エンジニアリングを提供します。より快適な空間創造へ向けて日本国内はもとより海外にもネットワークを広げ、優れた技術力を提供し、環境に配慮した製品・サービス・活動をGreen Airと呼称し、展開いたします。
株式会社竹中土木 ダム、トンネル、シールドトンネル、土地造成など一般土木工事施工を主とし、技術では地盤改良の開発技術、実績を多く有する。竹中グループにおける土木部門の専業会社であり、グループの技術を集結した竹中技術研究所において、コンクリート部門や地盤部門に多くの技術開発実績を有している。
中央開発株式会社 弊社は1946年、民間初の地質調査会社として発足しましたが、現在、建設総合コンサルタントとして、地質調査、土壌環境調査、測量、設計、施工管理、ソフトウェア開発など総合的にマネージメントができる企業として社会に貢献しています。
中央電気工事株式会社 当社は、東海道ベルト地帯を中心として、豊富な経験に基づいた技術力でお客様のご要望に応えております。汎用的な電気設備工事に加え水処理施設やゴミ焼却施設などのプラント電気計装工事や再生可能エネルギーを利用した、風力発電や太陽光発電の計画から施工までも得意として貢献しております。
千代田化工建設株式会社 プラントエンジニアリングを専業とする。1948年設立。石油精製、石油化学、ガス処理プラント、天然ガス/LNGプラント等、プラント設計・建設を中心に成長をしてきたが、環境保全設備、産業設備、食品プラント、医薬品プラント、自動車製造プラント、社会施設などの分野においても業務領域を拡大してきた。 従業員の8割強が技術系社員であり、圧倒的に技術者が多い会社である。機械系のエンジニアが多いが、化学系、電気、制御、土木、建築、IT、金属など幅広い分野の専門職を有している。技術士、米国PE、PMP、カナダPEの有資格者も多数いる。
鉄建建設株式会社 ・JR東日本グループの工事施工の中核会社 ・鉄道改良工事等に関する高度な専門技術の集積 ・道路やマンション建設も得意分野とする。 ・JR東日本と共同開発したアンダーパス工法「HEP&JES」工法は100件以上の実績がある。 ・コンクリート構造物の補修補強工法なども多く開発し採用に至っている。
デンカ株式会社 当社は石灰石資源と自家発電所を基盤としたカーバイドと化学肥料の生産を出発点として1915年に創業し、カーバイド化学により培った電炉技術・高温反応制御技術・有機合成技術などを基に無機化学から有機化学、さらには電子材料や樹脂加工製品まで幅広い事業領域を有するユニークな化学メーカーとして成長してきました。 エラストマー・機能樹脂部門は、スチレン系樹脂、化成品およびアセチレン系有機化学品により構成されます。インフラ・無機材料部門は、肥料・無機化学品と、セメントおよび特殊混和材により構成されます。電子先端プロダクツ部門では、ファインセラミックスと有機ファインの複合技術を基盤とした多岐にわたる電子材料事業を展開しています。生活環境プロダクツ部門では合成樹脂の加工製品から医薬関連製品まで、生活に貢献する多彩な事業を展開しています。
電気技術開発株式会社 JECは国内、海外の電気設備の総合コンサルタントとして、「確かな品質と技術で顧客の期待に応える」の品質方針のもとに事業を進めています。 品質方針;「確かな品質と技術で顧客の期待に応える」 1. 技術力の確保についてその維持向上と新しい技術の吸収に常に努める。 2. 個々の案件に関して担当する技術者の責任と業務分担および品質要求項目をどのように満たすか明らかにして業務実施のための計画を行い、これを実行する。 3. 顧客の情報を保護するため、要員に対する情報セキュリティー安全教育を継続的に実施すると共に、不正アクセス防止対策、情報の流出防止対策を実施する。 4. 顧客満足を把握することにより、品質マネジメントシステムの有効性の改善を図る。 5. 地域毎、顧客毎のニーズを明確にすることによって、本部および関連会社の責任体制を確立する。
株式会社電業社機械製作所 当社は1910年の創業以来の歴史をもつ風水力機械メーカーです。私たちの生活や産業に欠かすことのできない水と空気に関する製品を扱う企業として、信頼性の高い商品を全世界へ提供し、稼働させることにより社会や地域に貢献することを第一に考えて事業を展開してきました。当社はこれからも、「技術創生」というコアコンセプトのもと、常に新しい技術を追求し続ける「技術の電業社」としてお客様それぞれのニーズにあったオンリーワン製品を提供することにより社会に貢献する企業であり続けたいと考えています。 
東芝インフラシステムズ株式会社 明治8年(1875年)の創業以来130年以上にわたり、時代の先を読み、世界初そしてNO.1となった数多くの製品を生み出してきました。引き続き安心で快適なヒューマンライフに貢献するデジタルプロダクツおよび情報通信技術、継続的な省エネルギー化と環境負荷軽減を達成し、地球と共存できる環境を造りつづける社会インフラ技術を大きな柱として、研究開発、商品開発を進めています。
東芝プラントシステム株式会社 1923年の創業以来、東芝の重電機及び社会インフラ部門の施工機能を分担する企業として発展し、現在では、企画、設計などのエンジニアリングから調達、施工、フィールドサービスまでを一貫して展開し、競争力あるトータルソリューションをスピーディに提供できる東芝グループを代表する総合設備工事会社です。その事業内容は、火力・水力・原子力発電・受変電設備、各種産業プラント、ビル、上下水道、情報通信、空港・鉄道等インフラ関連設備及び環境関連設備等に加え、IT技術を利用した各種システム等の製品、サービスを幅広くご提供しております。 
株式会社東設土木コンサルタント 東京電力グループ会社として、水力発電設備のダム、水路、地下発電所や火力発電設備の取・放水路、燃料・港湾施設など、主に電力用土木構造物とそれに係わる地盤や自然環境の調査、測量、計測、解析、診断などを主たる業務としております。また、最近では、これまで培った専門技術と現場経験を活かし、ビデオカメラを用いて車両で走行しながらトンネル壁面を点検するシステムや船上から揺動を制御しながら海洋構造物を点検するシステムなどを開発するとともに、構造物に発生したひび割れ等の劣化・変状を精度よく把握できる 3次元ビジュアルソフトを実用化し、道路・鉄道用トンネル、大型橋梁、護岸・桟橋等港湾構造物の高精度・高効率点検を可能にするなど、電力設備以外の重要構造物の保全分野にも力を入れております。
東電設計株式会社 「土木、建築の設計及び総監」を主たる事業目的として、昭和35年(1960年)に設立されました。昭和36年(1961年)に「電気設備の設計及び総監」を事業目的に追加し、昭和38年(1963年)には、初の海外プロジェクトとなるインド・コダクダム火力発電所の建設工事に携わり、その活躍の場を海外に拡げるなど、設立以来約50年間にわたって、エネルギー施設をはじめとしてインフラ施設から民間施設等の計画・調査・設計及び監理業務に取組んでおり、総合コンサルタントとして、社会資本整備の企画からメンテナンスまで、ワンストップでお応えできる会社です。 
東電タウンプランニング株式会社 ・東京電力が保有する配電設備の設計や維持・管理を、東京電力の機能分担会社として行っています。 ・電気事業で培った専門技術・技能を活用した配電線等に関する種々のコンサルティング業務を行います。合わせて、その延長線上にある施工も請負います。
東洋建設株式会社 1929年(昭和4年)阪神築港株式会社として設立、1964年(昭和39年)現在の社名に変更し、港湾空港を中心とする海上土木に加え、陸上・建築へ展開。 近年は、東南アジアやアフリカに活躍のフィールドを拡げている。2016年に海洋分野への進出として、自航式多目的船{AUGUST EXPLORER」を建造した。
トーヨーカネツ株式会社 安全性、経済性、大型化など社会ニーズに応える優れた機構を備えた原油貯蔵タンク、LNG極低温貯蔵タンク、LPG低温タンク、高圧球形ホルダー他各種タンクを国内外に建設しており、原油タンク(陸上)では18万キロリットル、LNG(地上)では18.8万キロリットルという世界最大級タンクを建設し、世界記録の更新者として常に新しい技術に挑戦しております。世界各地に建設したタンクの実績は既に5300基を超えております。
トーヨーカネツソリューションズ(株) 空港設備、運送業、量販店・ネット販売、衣料、郵政事業、等広範な事業に関わる省エネ・自動化システム・設備・アフターサービスの提供。特に空港のバゲッジハンドリングシステムにおいては、国内約80%のトップシェアを誇り、クアラルンプール、シンガポール他世界にも広く展開。得意の技術内容としては各種のコンベヤ・仕分け機については物流システム業界を代表する位置づけにあり、環境と人に優しくをテーマに、荷物があるところだけが動く安全・省エネコンベヤ「エコロベヤ」を主力展開している。 また最近の特殊技術として、ドイツ/デマティック社との協業による高能力・省スペースのケース自動保管・取出しシステム(マルチシャトルシステム)によるソリューションを展開している。 
戸田建設株式会社 弊社は1881年の創業以来、品質・工期・安全に最善を尽くし、建設を通じて社会福祉の増進に貢献してまいりました。安全で快適な社会基盤づくりの一翼を担う。また、お客さまの想いを大切にし、かたちとしてご提供することでその想いに応える。これは、私たちが使命としてきたことであり、大 事にしてきた姿勢でもあります。そして今、環境問題や地震対策、グローバル化など、お客さまが直面している課題の解決に向けて共に取り組ませていただくことが、私たちが目 指す姿であります。130年の歴史の中で培ってきた技術を礎に、期待を超えるソリューションをご提供し、お客さまにとって最も役立つ会社、すなわち「価値ある戸田建設」を目指して挑戦を続けてまいります。  これからも、建設ライフサイクル全般におけるソリューションカンパニーとして、技術やサービスの向上に努めてまいります。
飛島建設株式会社 総合建設業(国内外における土木、建築、開発、エンジニアリング事業等)。防災のトビシマ/建ててから始まる真のお付き合い。 
株式会社巴コーポレーション 総合建設はもとより、橋梁、鉄骨、鉄塔、不動産の分野で環境に優しい事業活動により、社会に貢献しています。
弊社は1917年(大正6年)の創業以来、常に時代のニーズに応える技術を提供することで社会に貢献し、鉄塔の製作をはじめとして、立体構造・ビル鉄骨・橋梁・総合建設と事業領域を広げて参りました。立体構造(ダイヤモンドトラス)では、各種の博覧会、展示場、体育館などに多く採用され、無柱大張閒建築の第一人者として、国内、海外より壮大な信頼と評価を受けています。近年では「東京スカイツリー」のプロジェクトに鉄骨製作で参画致しました。
那須電機鉄工株式会社 「ゆたかで快適な生活空間を創造」する企業として発展を期しております。昭和4年の創業以来、一貫して電力、通信、鉄道、道路など、わが国の公共基幹産業に鉄塔をはじめとする資材を納入して参りました。亜鉛めっき製品、コンクリート製品、碍子類、樹脂製品など電気設備製品を幅広く扱っております。
西松建設株式会社 【企業の特徴】培ってきた技術と経験を活かし、価値ある建造物とサービスを社会に提供することで、安心して暮らせる持続可能な社会・環境づくりに貢献する企業。
【技術紹介】土木技術(人々の生活を支えるダム・トンネル・橋梁等の建築物から調査・診断技術)、建築技術(常に新しいニーズに応え、居住性はもちろん、安全性や経済性を兼ね備えた技術)、環境技術(住環境から地球環境まで土木・建築の枠を超えた技術)、情報技術(未来社会をつくる「ハイテクノロジー」を紹介する技術) 
株式会社日さく 1.創業100年、さく井業界最大手企業 豊富な実績と顧客数 あらゆるタイプの井戸施工が可能 2.地質調査、さく井・設備、特殊土木を手掛けて全国展開している唯一の企業 他社と差別化できる独自技術、さく井部門  リニューウェル工法:破損・著しい目詰まりが発生した内装管を抜管し新規内装管を設置する井戸改修工法 アクアフリードシステム:著しく能力が減退した井戸に対して有効な井戸改修工法、土木部門  バイオプラスターチ吹付工法:化学肥料・金網等の人工材を要しない環境に配慮した吹付緑化工法、地質調査部門  探査技術:物理探査を用いた地下水調査および地すべり調査技術 3.ODA地下水案件の最大実積企業 海外(途上国)で地下水開発、給水設備工事を施工
日特建設株式会社 1947年(昭和22年)に、ダム基礎を創業工種として産声を上げ、それ以来、半世紀以上の経験で培った専門技術で、日本の総合基礎分野をリードしてきました。 当社は「環境防災」、「維持補修」、「都市再生」の各分野を中心として、数多くの独自技術を持っており、またこれからも社会のニーズに応える新技術を生み出し、安心・安全で豊かな社会づくりに貢献してまいります。
日本工営株式会社 国内の河川・道路・防災・環境事業および海外の開発途上国における技術のコンサルティング、電力事業に関する各種装置の製作、エンジニアリングを主たる業務とする。
日本コムシス株式会社 電気通信設備工事のあらゆる分野を総合的に施工を行う、通信設備建設会社の最大手で全国展開をしています。また、NTTドコモ様向けの移動体工事も得意としております。コンピューターネットワークのシステム構築、ソフト開発、これらの基盤技術を基にした、ソリューションビジネス事業を展開しています。一般土木、地下管路やトンネルの建設技術を基に、上下水道等のライフラインの建設も行っています。通信基地局等からビル、マンションまで様々な建築物の設計・施工、省エネ設備の設計・施工分野も行っています。
日本信号株式会社 鉄道信号から培った「フェール・セーフ」技術を基に、「安全と信頼」を基本理念に掲げ、交通システム全般に関わっています。鉄道信号、交通安全システム、駅務自動化装置、駐車管理システム、RFIDシステム、MEMS等の開発、製造、および販売
日本ファシリオ株式会社 日本ファシリオ3つの強み ①迅速 365日24時間、瞬時も途切れない鋭敏な集中力と的確で迅速な対応力・建築設備が発するSOSや調査のご依頼を受けてから現地調査の開始まで3時間以内という体制を整備し、未来を見据えた問題解決のご提案をALSOKスピードでお届けします。 ②安心 多数の有資格者が豊富な施工経験と高度な技術力を駆使し、建物設備の安定稼働を支えます。さらにALSOKの確固とした経営基盤が持続的な空間価値向上を実現します。 ③All In One 電気・空調・給排水等の設備工事のみならず、ALSOKグループがセキュリティー、メンテナンスと、ありとあらゆる面から建物設備をトータルサポート、全業務の連携が理想の循環を生み出します。
ニュージャパンコンサルタンツ株式会社 弊社は1964年(昭和39年)の創立以来今日まで、駅改良、立体交差事業など鉄道関連の計画設計をはじめ、上下水道の計画、道路、橋梁、河川、上などのインフラ整備の分野の計画、設計に貢献してまいりました。弊社の最大の特色は施工計画に重点をおき、施工を考慮した設計および積算が可能なことです。
パシフィックコンサルタンツ株式会社 弊社は、我が国におけるコンサルティング・エンジニア企業の草分けとして、1951年に創業して以来、建設コンサルタントのリーディング・カンパニーとしての誇りと責任感を持って、60年以上の月日を歩んでまいりました。私たちは、社会にとって存在価値のある企業であり続けるために、事業活動を通じた社会への貢献の方向性として「4つの貢献」を位置づけています。 ①甚大な自然災害に立ち向かい、災害に強い「安全・安心に暮らすことのできる社会づくり」 ②地球規模の気候変動やエネルギー問題に対する「低炭素・低環境負荷の社会づくり」 ③人口減少や財政問題などの社会環境における「社会基盤の安定的な維持」 ④超高齢化・過疎化、産業問題に対峙した「地域社会の持続的発展」 「4つの貢献」に実現させるための事業領域として「6つの展開」にフォーカスしています。 ①成熟社会 ②環境 ③社会基盤 ④行政事業 ⑤事業運営 ⑥国際社会 社会サービスプロバイダー企業として、コンサルティング領域全般をはじめ、プロジェクトマネジメント、事業プロデュース、事業運営など、社会サービス提供に係るあらゆる領域においてトータル・ソリューションを提供してまいります。
株式会社長谷工コーポレーション 建設事業、不動産事業、エンジニアリング事業。集合住宅の建設に優れた総合建設業。
株式会社ピーエス三菱 当社は、昭和27年創立以来,プレストレストコンクリート技術の日本初のパイオニアとして、各種の建設工事に数多くの実績をあげてきました。 当社の保有する技術の優位性が斯界でも認められたことにより、国内有数のPCゼネコンとして競争が熾烈な建設業界の中でも独自の存在感を堅持しながら事業を展開しています。「人と自然が調和する豊かな環境づくりに貢献する」の基本理念に基づき、高度な社会資本の充実に寄与するために常に新しい技術の開発にチャレンジし、建設事業を通じて安全で高品質な建設生産物を供給していきます。 また、地球環境保全に貢献するため、公害防止と自然保護に積極的に取り組むこととしています。
日立技術士会
(日立グループ)
日立製作所及び日立グループの会社の合同企業内技術士会で、技術士の資格者増員、研修会などによる社内技術者のレベル向上、親睦・交流を目的に活動。
富士通株式会社グループ 常に変革に挑戦し続ける姿勢こそが富士通のDNAです。創業以来、富士通グループの発展は、それまで誰も考えていないような新しい可能性に着目し、その実現に向けて挑戦し続けていく姿勢を尊重する企業風土に支えられてきました。あらゆる面においてますます変化・競争が激しくなっている社会においては、より一層社員一人ひとりがチャレンジャーとして変化に挑戦することにより、企業として変革し続けなければなりません。変革とは、経営環境、技術、人、市場などの変化のなかで、新しい価値を生み出すことです。富士通グループは、チャレンジングな心で、価値を創造し続けます。
富士電機株式会社 富士電機は、大正十二年(1923)、古河電工とシーメンス社との資本・技術提携により設立され、創業から94年にわたる長い歴史のなかで、数々の事業を創出してきました。その過程で、一貫して追究し続けてきたのが、パワー半導体や回路と制御システムなどを組み合わせた「パワーエレクトロニクス技術」を軸にしたエネルギー技術と環境技術が富士電機のキーテクノロジーです。  富士電機は、これら技術をコアに「パワエレシステム」「発電」「電子デバイス」「食品流通」の4つ事業を通じて、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献しています。
前田建設工業株式会社  弊社は新たな経営戦略「CSV経営No.1」を導入しています。CSV(Creating Shared Value)は「共有価値の創造」と訳され「本業を通じて社会的課題を解決する」ことにより「社会価値」と「企業価値」を両立させようとする経営です。人類の基盤である「地球」から、当社の基盤である「前田や協力会社の社員」まで、当社の事業発展に伴い、すべてのステークホルダーの満足度が向上する企業をめざします。  また、事業分野としては、愛知県有料道路や仙台空港のコンセッションにも力を入れているほか、バイオマスエネルギー発電や太陽光発電の分野でもすでに実績を上げています。
前田道路株式会社 全国規模での道路建設をはじめ、アスファルト合材の製造販売・整備に必要な機械の設計・製作、野外スポーツ施設建設、都市景観のデザインなどを行っています。 
株式会社間瀬コンサルタント 当社は、建設コンサルタント、補償コンサルタントの2つの業務を柱とする総合コンサルタントです。建設コンサルタントでは、橋梁、道路、河川、砂防、上下水道といった社会資本整備はもちろんですが、高齢者や障害者にやさしい街づくりや地域の活性化、環境に配慮した設計など、幅広い視野に立った提案を行っています。補償コンサルタントでは、公共事業に伴う様々な補償に対して、国民の財産や権利を適切に守っていくためのお手伝いをしています。  2011年の東日本大震災、2015年の関東・東北の豪雨、そして2016年の熊本地震など、我が国では様々な自然災害が発生しており、今後もこうした災害への事前の対策やいち早い復興への準備がわれわれ総合コンサルタントに要請されております。こうした面におきましても、弊社の技術をさらに発展・統合させて、日本の国土発展に少しでも寄与できるよう、今後ともがんばってまいります。
三井住友建設株式会社 三井住友建設は、プレストレストコンクリート(PC)橋や容器・貯蔵施設、超高層住宅や免震・制震構法などに先進技術を保有している。特にPC橋においては、国内はもとより海外でも屈指の実績を持ち、3000を超えるPC橋を施工しており、さらに、リブ付きU型コアセグメント・吊床版構造を応用した複合トラス橋など、世界初の技術も数多く有している。地下構造物では、山岳立坑・山岳トンネルで豊富な実績を有し、削孔検層システム・遠心力トンネル吹付け工法などの新技術導入を図っている。都市地下空間の構築に不可欠なシールド技術としてはJUC工法・バックフィルシールド工法などの新技術に加え、PC技術を応用したP&PCセグメント工法・超大口径PC推進工法を実用化している。リニューアル分野では、アラミドシート巻立て補強工法・部分プレキャストアラミド補強工法・AWS工法などが実績を上げており、多様化するニーズに対応している。さらに、土壌・地下水浄化技術や魚礁等の多くの環境技術を保有している。
株式会社三菱地所設計 お客様により近い立場の設計者・技術者としてご満足いただける業務をご提供致します。私たちは総合不動産デベロッパーの設計監理部門としての長い歴史の中で、事業主の視点に立って業務を提供することを身につけて参りました。2001年の分社・独立を経て、多くのお客様との出会いを通じて、このことを私たちは更に大切にしています。デザインや機能だけでなく、将来を見据え、維持管理にも配慮した施設計画、工事費決定の支援、工事段階での品質管理、竣工後のアフターケア、中長期修繕計画等、お客様により近い立場の設計・技術スタッフとして多角的にご提案致します。
株式会社ミライト ミライトは、これまで培ってきた情報通信設備・総合設備事業における確かな技術を礎に、あらゆる分野の通信ネットワークの構築工事を総合的に行っています。通信設備について、設計から施工・保守までの一貫したサービスを提供します。また、通信ネットワークの構築、ビル設備のインテリジェント化、環境・新エネルギー関連シスエム構築など、ICT技術を核とした社会イノベーションの創出に向け、「総合エンジニアリング&サービス会社」として、時代の要請に応える新しいソリューションを提供します
株式会社ミライト・テクノロジーズ ミライト・テクノロジーズは50年以上にわたり培った技術とノウハウで、全国規模のインフラ構築から企業のニーズに合わせたミニマムなネットワークまで、有線・無線を問わず、ありとあらゆる情報通信ネットワークを手掛け、日本の情報通信基盤を支えています。さらにICT事業や環境事業にも積極的に取組むなど、より幅広い事業エリアでの信頼のおける高品質なサービスの実現と、お客様へ最適なソリューションを提案し、総合エンジニアリング・サービス会社として、新しい時代の社会インフラの創造に貢献しています。 
株式会社明電舎 1897年(明治30年)の創業以来120年、私たちはものづくりメーカーとして、様々な技術や製品・サービスを創出し、社会に貢献するために日々研鑽を重ねてきました。その根底には、お客様や社会の期待に応え続けたいという私たちのチャレンジ精神、そして私たちの「ものづくりの心」があります。お客様との広範なネットワークや当社グループ内の部門を越えた連携などの「つながり力」、お客様の要望や課題解決にスピーディー、かつ、柔軟に応える「機動力」、社会インフラを支える「使命感」を持って、お客様、そして社会から信頼される企業を目指しています。 当社グループは2015年4月より、中期経営計画「V120」をスタートしました。経営環境に即した施策を着実に実行し、「国内事業の収益基盤強化」 と「海外事業の成長拡大」を両立することで、さらなる企業価値の拡大を目指してまいります。
メトロ設計株式会社 昭和39年の創業以来、主に地下鉄を中心とした鉄道施設、共同溝、社会的インフラとして重要な上下水道、電線類の地中化など地下構造物の設計を得意としている土木・建築設計コンサルタント会社です。当社はインキュベーションセンター「ベンチャーステージ上野」、シェアアトリエ「reboot」、オルタナティブスペース「SOOO dramatic!」の運営もしており、創業者支援の側面だけでなく、老朽化したビルの再活用など、街づくりの一環としても社会的意義が高いと考え様々な施設を経営しております。 また、長年にわたり無電柱化事業に携わってきた当社は、まちづくりや地下構造物並びに電気・通信系配線に熟知した専門家集団による高度な技術・経験等を最大限活用し、ボランティア活動を中心とした社会貢献に寄与する団体として、特定非営利活動法人快適まちづくり支援センターの運営を2010年に立ち上げその運営を支援しております。
株式会社山下設計 建築物の設計・監理、都市計画、コンサルティング、プロジェクトマネジメント
株式会社ユアテック ユアテックは、優れた技術で社会のため、人々のために、お客様とともに快適環境・昨日を考え、創造し、提供する企業を目指すこととしており、社名はこの志を表しております。「技術のユアテック」にとって、技術開発はその企業活動の中枢です。高度で良質な設備工事やシステム開発の原動力となるものです。新技術の開発へ、よりよい技術へ、ユアテックはあらゆるステージで、先見性や独創性を大切にし、自由で新しい発想に扉を開いています。そして、これらは「新しい市場」と「経済性の追求」を目指すとともに、「施工技術の向上」と「安全の確保」のための新しい技術開発でもあります。
ライト工業株式会社  『新たな価値に挑戦し、創造し続ける』という経営理念を掲げております。いつの時代も創造し続けることで皆様に必要とされる企業を目指しております。中期経営計画では、基本方針として『次世代へ繋がる体質の強化』を掲げ、コア事業である専業土木分野においてはR&Dセンターを新設し、研究・開発体制をさらに強化するとともに、建築事業や海外事業などを含めたグループ全体での効率的経営を推進していくことにより、安定かつ確実な成長を目指しています。地盤改良技術:地盤に固化材を混合、撹拌することで短時間で地盤を強化する工事を、独自工法の採用により改良目的や現場条件に応じた最適な工法を施工できます。(地盤改良、地中連続壁、薬液注入、補修・補強、土壌汚染対策等)斜面・のり面対策技術:自然災害で発生する落石、崩壊、地すべり等を抑止することで、斜面災害から人々の生活を守る対策技術の施工を行っています。(吹付枠、モルタル吹付、地山補強土、のり面緑化、斜面崩壊対策、落石対策等)